ウーマン

衰えに感づき始める40代からスタート|化粧品でみるみる変わる肌質

目を大きく見せるために

メイクする女性

これからのアイメイク

平安時代は切れ長の目が流行しましたが、現代社会の流行は大きなぱっちりした目が流行しています。特に、西洋風の二重まぶたに、インパクトのある太くて長いまつげが人気です。まつげが太く長くなると、上下左右にまつげを広げることで、目の幅が広がったように見えます。そのため、目が全体的に大きくなったように印象付けられます。魅力的なまつげを手に入れるために、つけまつげやエクステがあります。こうしたものを利用することによって簡単に長いまつげを手に入れることができます。しかし、これらを多用するとまぶたやまつげを傷める原因にもなってしまいます。そこで、これからは、自まつげを美しくするために美容液を使ったケアの人気が高まりそうです。

工夫するとよいポイント

長いまつげを実現するために美容液を塗るポイントがあります。それは、まず毎日継続して塗ることです。塗り忘れを防ぐため、どのタイミングで塗るか、自分で決めておくと便利です。たとえば、美容液はマスカラの下地としても使えるので、メイクするときに塗るようにすることが考えられます。そのほか、寝る前のケアの一環として、忘れずに美容液を塗ることもよい方法でしょう。まつげ美容液を使用する前に、もし目に何らかの疾患を抱えている方がいれば、かかりつけの医師に事前に相談してから使用することが大切です。また、もし使用後に違和感があれば、使用を中断して医師や販売元に聞いてみましょう。このような点に注意しながら美容液を使用していけば、着実にまつげを育てることができます。